株式会社ほくでんアソシエ 設立の目的

ほくでんアソシエ



ほくでんグループ

障がい者の自立と社会参加を支援

TOP > 設立の目的

設立の目的

株式会社ほくでんアソシエは、障がいを持つ人がいきいきと働くための適切な就労の場を創出し、働くことによる社会的自立と社会参加を支援していくため、平成19年(2007年)6月29日に設立されました。平成21年(2009年)3月30日には、北海道電力株式会社を親事業主として障害者雇用促進法に基づく「特例子会社」の認定を取得し、同時にほくでんグループ9社に対するグループ適用についても認定されました。


                                                                                                               (社屋 パース図)

 
 

associa

 
 

-社名にこめた思い-

「アソシエ」は、「仲間、同僚」「協同する、結びつく」という意味を持つ英語の“Associate(アソシエイト)”から名付けました。さまざまな個性を持つ社員がお互いに尊重し合いながら共に働くことを通じ、「生きがいと誇りを持って社会に参加していこう」という思いをこめています。

 

★ほくでんアソシエでは、障がいは個性の一部という考え方から『障害者』ではなく『障がい者』を
   使います。ただし、法律用語など公に使われるものは『障害者』と標記しています。

 
 
 



       
       
       
       
       


       
       
       
       



認証マーク☆9個.jpg

北海道より「障がい者就労支援企業」
として認証されています。
詳しくはこちらをご覧ください。